ダサいメンズファッションの特徴とは

ダサいメンズファッションメンズファッションは、少し気を遣うだけでオシャレになります。
Tシャツの上にシャツを羽織ったり、シャツの上にニットを重ねるなど、重ね着はオシャレに見えます。
その逆で、ダサいメンズファッションの特徴とは何でしょうか。
一気にダサいメンズファッションとなってしまうのが、パンツやジーンズのウェストにTシャツやポロシャツを入れてしまう事です。
ゴルフ場ではマナーであるこの服装ですが、日常でやってはいけません。
Yシャツをパンツのウェストに入れ、ベルトをするファッションは、細身の人など、スタイルを選ぶので控えた方がよいでしょう。
女性は、ダサいメンズファッションを嫌います。
女性に好かれたいのであれば、まずウェストからトップスを出しましょう。

メンズファッション、これはダメだ

これはダメだ!時代遅れのNG!など、メンズファッションについて私なりの考えを載せたいと思います…
ここ何年かで流行ったと思いますが、Tシャツや長袖シャツなどに和柄の刺青のような、水墨画のような服を着るスタイルが流行りましたよね?
はっきり言ってあれはない!と思うのです。私だけが思うのではないと思いますが「怖い!」ってなりませんか?
あのメンズファッションを「カッコイイ」「シブいね」なんて思うのは一時や一瞬で、一部の方だけなのです。ほとんどが「あのファッションはない」という意見が多い!!自慢げに今でも着ているのならタンスの奥に密かにシマっておきましょうね…

メンズファッションのシャツについて

「シャツ」の話を書きたいと思いますね~。
いつか話したのは大きめのサイズがNGという内容でしたが、今回は「流行」のシャツについてです……
毎年毎年と同じシャツを着まわしてもう10数年経っているなんて方もいるでしょうが、そんなことではダメですよ(おしゃれではありません!!)。古着感があるのはおしゃれに見えるからいいのですが、ただ単に古びた昔のシャツなんてのはNO!です。
ひとつ間違えるとオタクっぽく見えるかもしれません!!ですから、毎年2~3枚は購入したいアイテムだと思いますね~。服を大事にすることはイイことでもありますが、少しは流行も取り入れないといけないということなのです…
ビンテージって難しいですね!?